スポンサードリンク

毛穴について

毛穴の機能・役割 毛穴は身体を外的刺激から守る皮膚の表皮部分に無数に存在します。

顔は中でも毛穴が最も集中する部位で約20万箇所とも言われます。
毛穴から排出される汗と共に身体から不要な成分や物質が洗い流され、放っておくとさび付いてしまうところをうまくコントロールする役割を担っています。

つまりこの毛穴が様々な要因で詰まってしまうと、毛穴の黒ずみ、毛穴の開き、皮脂過剰分泌によるにきびの大量生成に結びつきトラブルが拡大していくのです。
毛穴の正しいスキンケアを学習すると同時に毛穴の構造についても抑えておきましょう。

スポンサードリンク

毛穴の開き・黒ずみ

毛穴の開きや黒ずみは、皮脂の多い毛穴が多く集中する部位で起こります。
顔では、オデコ(額)から鼻筋にかけてのTゾーン、あるいは、頬(ほお)や顎(あご)にかけてのUゾーン。身体では、胸の中央、背中で毛穴が開きやすい傾向にあるのです。

皮脂分泌、汗排出量の多い部位を認識したならば、当該部位とその周辺とのスキンケア法の違いにも気づく必要があります。皮脂分泌量の多い部位はしっかりと洗浄し汚れをしっかり落とさないといけないのに対し、それほど皮脂分泌量の多くない部位では洗いすぎは返って乾燥肌を誘発し余計な悩みの種を生む原因にもなります。

正しいスキンケアを見につけ効率の良い、肌ケア、毛穴ケアを身につけましょう。

毛穴の種類

毛穴には大きく3種類に分類されます。主に産毛が生える軟毛性毛包、髪の毛や髭(ひげ)が生える終毛性毛包、産毛も生えるが主に皮脂をつくる役目がある脂腺性毛包の3種類です。

毛穴の黒ずみや開きなどのトラブルの対象になるのが最後の脂腺性毛包で、脂腺性毛包から分泌された皮脂と毛穴付近に残された古い角質が混ざり合って角栓を生成するのです。

毛穴の役割

毛穴からは汗を輩出し、あらゆる外的環境の変化に対応する役割を担います。夏場、気温が上昇すると体温を低下させるために、汗をかき身体を冷却しますし、気温が下がれば毛穴を閉じます。

また汗には、体内に不要な成分が含まれており、解毒的作用(デトックス効果)があり、常にフレッシュな体質を維持するようにプログラムされているその重要な役割をアシストしています。